授乳中に尿漏れ改善用サプリメントは子供に影響が出ないの?

産後の尿漏れは、9割の女性が経験していると言われています。ですが、産後すぐの尿漏れは改善策がとても少なくサプリメントに頼りたいと思う人も沢山いると思います。
でも、一番心配なのは、母乳に影響がでないのか?結果として赤ちゃんに影響が出てしまわないか?というとこだと思います。

 

もし影響があるならほかに改善策はあるのでしょうか。

 

授乳中の尿漏れ改善用サプリメントは

母乳に影響がでる!?


産後の尿漏れの原因のひとつに、女性ホルモンのバランスの乱れというものがあります。これは「エストロゲン」という女性ホルモンが低下することによって膀胱や骨盤底筋が緩みやすくなる作用があり、結果として尿漏れを起こしてしまいます。

 

実は、尿漏れ改善用サプリメントの中で女性ホルモンを増やしたりサポートを担っている成分が入っているものがあります。このようなサプリメントを摂取することにより授乳中に急なホルモンバランスの変化が起こるため、赤ちゃんや母乳への影響が出てしまうことがあります。なのでできるだけ控えたほうがいいのかもしれません。

 

授乳中に影響のないサプリメントはあるの?

 

結論から言ってしまえばあります。

 

実は、サプリメントの中でも、裏の内容量や注意事項の覧に、「産後の栄養補給やホルモンバランスの乱れに効く」と書いてあるものがあります。
親切な商品だと、「授乳中も安心してお使いください」と書いてあるものもあり、ほとんどが自然成分だけを使った体に優しい栄養剤だったりもします。自然成分だけの使用は、急な変化を抑え少しずつ変化していくので、その栄養剤が結果として赤ちゃんや母乳に影響なく、間接的に尿漏れの改善をサポートしてくれるのです。

 

大誤解をしている人が多い授乳中のサプリメントについて

皆さん、授乳中は母乳にも、それから赤ちゃんにも影響を与えてしまうからサプリメントはダメだと思っていませんか?

 

実はそれが大誤解なんです。

 

毎日の食事から新鮮な栄養を沢山摂取することは勿論何より大事なことです。ですが、実際は、産後の生理不調やホルモンバランスの乱れから、食欲がなかったり、うまく口に運べなかったりと、栄養補給が厳しいものです。

 

子供に与える栄養を考え、人一倍栄養を取らなくてはいけない時期だからこそ、バランスに良い食生活を心がけないといけません。ですからバランスの良い食生活と栄養を沢山摂取するためには、サポートしてくれるサプリメントはダメではなくぎゃくに力になってくれるんです。

 

よく、影響があるとか手抜きだとか勘違いをする人もいますが、子供に必要な栄養を補うためには、何もしないよりサプリメントを飲んだ方が良いということです。過剰摂取はいけませんがしっかりとバランスを考えればサプリメントは見方になってくれます。特に授乳中も安心という栄養剤がオススメなので参考に調べてみてください。

 

授乳期にも摂ったほうが良い尿漏れに関係する栄養素

サプリメントで摂取できる栄養素は沢山ありますが、その栄養素の中で尿漏れの改善や予防をサポートしてくれるものもあります。

 

  • ギンコライド(ギンナン)
  • マグネシウム(ゴマやアーモンド)
  • ビタミンE(ペポカボチャ)
  • 食物繊維(玄米やわかめ)

 

ギンコライドは、ギンナンなどから摂取できる栄養素です。主に血流をよくする役割があります。

 

かぼちゃなどに含まれるビタミンEは血行の促進を促してくれます。

 

骨盤内の血行や血流がよくなることによって尿漏れや頻尿の改善にもつながります。

 

アーモンドなどに含まれるマグネシウムは、血圧や体温の調節を促す役割があります。

 

体調の管理やサポートは授乳中の栄養やママの体にもとても大きな助けになります。

 

玄米などに含まれる食物繊維は、便通をよくする効果があります。便秘は腹圧性尿失禁という尿漏れの原因になり、その予防につながります。

 

栄養素だけの見直しですべての尿漏れが改善できるわけではありません。

 

骨盤底筋や膀胱のトレーニングが必要な場合もあります。
ですが、授乳期だからこそ不足している栄養素や必要な栄養素もあります。

 

その中で、尿漏れの予防や改善をサポートする栄養もあります。

 

なので、先ほど話した4つの栄養素はサプリメントなどでも摂取することができ、このような栄養素は授乳期でも摂取しても大丈夫なサプリメントになります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページの先頭へ戻る