尿漏れを改善する漢方の3つの効果

漢方とは、沢山の自然のモノ(動物由来や天然の鉱物や生薬etc)を使ってその人本人の体質に合った調合で、自然治癒力を高め、ベストな治療が望めるというメリットがあります。

 

よく聞くのは、やはり便秘や下痢などの改善。ですが、育毛効果や冷え性改善、免疫力向上などの役にも立ち、調合法によって沢山の病気や症状の改善ができます。

 

尿漏れに関して、先に3つの効果について話しますが、「腎の補い」「便秘の解消」「冷え性の改善」この効果を望むることが大きなメリットになります。どれも尿漏れの原因になり改善に必要なものにもなります。

 

漢方医学の考え方と尿漏れへの効果

漢方医学で考えられている尿漏れの大きな原因は「腎」から来るとされています。腎臓も確かに尿に深く関係が有り大切な臓器ですが、この「腎」とは、腎臓ではなく「生きる力」すなわち生命のエネルギーの衰えが関係しているということです。その生命のエネルギーの補いが漢方による大きな効果の一つになります

 

尿漏れに効く漢方の効果「腎の補い」

一般的に使われているのが、ハチミジオウガンとゴシャジンキガンという生薬だそうです。どちらも利尿や強壮の効果があり、特にゴシャジンキガンの方が7割の方の尿漏れに効果があったという発表もされているそうです。
そのほか、強壮の効果は、どちらも先程言った生命のエネルギー「生きる力」(強い健康)を助けてくれます。

 

尿漏れに効く漢方の効果「便秘の解消」

便秘の解消には、やはり市販薬の漢方にも配合されている(ダイオウ・センナ・アロエ・シャクヤク・キジツ・コウボク)などが使われるそうです。これは、便秘の解消だけでなく、腸内環境を整えたり、腸管の運動機能を調節したりする働きもあります。

 

わざと、下痢を起こさせるという生役もありますが、支障のない配合をされているようです。これにより、オナラ(ガス)や出ない便などによる、お腹の張りが原因で膀胱や骨盤底筋を圧迫していた腹圧性尿失禁の改善にもなります。

 

尿漏れに効く漢方の効果「冷え性の改善」

冷え性の改善に使われるのは主に、体を温める働きのあるシンブトウをはじめとし、血行を促進させたりする生薬なども使われます。これは、尿漏れトラブルの原因となる膀胱炎や免疫力の低下を防ぐために必要なものです。そのほか、冷え性が原因で自律神経の低下からの尿漏れ予防にもつながります。

 

その他の漢方の効果「ストレス」

様々な不調の原因となるストレスや緊張は社会で生きていく中で避けては通れない道とも言えます。様々な不調の中に尿漏れも含まれていますが、先程話した、生命のエネルギーの中には気の力というのもあります。この気の力を高めるために、使われるにがハンゲコウボクトウです。ストレスの解消は、個人によって大きく違いますが、ストレスや緊張から起こる頭に血が上ったりのぼせてしまう、耳鳴りが起こってしまった時によく処方されるもののようです。ストレスからくる尿漏れは、自律神経の乱れからも来ているようです。若い女性の多くはこのストレスからの尿漏れ発症も珍しくないようです。

 

このような3つの効果や生薬の調合が尿漏れに対する漢方の大きな効果になってるようです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページの先頭へ戻る