バランスボールを使った尿漏れセルフケアのやり方

バランスボール 体操

 

みなさんの自宅にバランスボールはありますか?

 

いまは、空気を抜いてしまっているという方も多いかと思います。

 

私もその一人です(汗

 

バランスボールは、一時期シェイプアップやダイエット方法として流行し私はちょうどその時期に購入しました。ですが、流行が過ぎたのか飽きたのか知らず知らずリビングに置きっぱなしになっていて、今では空気を抜いて物置の引き出しに入っている状態です。

 

ですがそんなバランスボール尿漏れのセルフケア(骨盤底筋体操)に効果的だということを知りました。

 

お漏らしや頻尿に悩んでいる方、私と同じくバランスボールがどこか物置に置いてある方は今すぐ引っ張り出してセルフケアに有効活用しませんか?

 

バランスボールを使った骨盤底筋体操のメリット

効果

 

バランスボールを使った尿漏れセルフケア方法を紹介する前にメリットについて紹介していこうと思います。元々骨盤矯正というよりは、ダイエットやシェイプアップとして流行したバランスボールですがその効果は沢山あったんです。

 

  • 背筋のストレッチ
  • 腰と背中のストレッチ
  • 腹筋の強化
  • 太ももの裏側強化
  • ヒップアップ効果
  • 全身のダイエット
  • 足回りやお腹周りの部分ダイエット

 

他にも沢山の効果が期待できますが今回紹介するバランスボールを使った尿漏れセルフケアでは、骨盤底筋や膀胱のトレーニングから尿漏れの改善を期待できるだけでなく以下のような効果も期待できるようです。

 

  • 腰痛の緩和
  • 重い生理痛の改善
  • 便秘解消
  • 妊娠しやすい素敵な体に

 

では、自宅にあるバランスボールを使ってどうやったら尿漏れセルフケアになって以下のような効果も得られるのでしょうか。その正しいやり方とは?

 

バランスボールを使った尿漏れセルフケアの3つの方法

バランスボールを使ったセルフケア

 

バランスボールを使ったセルフケアは、大きく分けて3種類あります。全部をローテーションして行うも良いですし、やりやすいものを選んでも良いです。自分で感じたやりやすい方法を見つけていきましょう。

 

※管理人の私個人のオススメは、やり方1〜3をローテーションしてドラマを見ている30分〜1時間の間に行うという方法です♪

 

バランスボールを使った尿漏れセルフケア(1)

 

1.バランスボールの空気を調節して膝が90°になるように腰掛けます。

 

2.ゆっくりお尻の穴をお腹の方に引っ込めるように力を入れていきます。
(この時大きく空気を吸い込むように深呼吸して5秒キープ)

 

3.ゆっくり力を緩めていき下の状態に戻す。
(この時大きく吐くように深呼吸して5秒キープ)

 

4.先ほどの二つのサイクルを一セット5回で休みながら繰り返しましょう。

 

この方法は、他のタオルやペットボトルを使ったトレーニングと同じようなやり方で同じような尿漏れ改善に効果が期待できます。

 

バランスボールを使った尿漏れセルフケア(2)

 

1.先程と同じように、バランスボールの空気を調節して膝が90°になるように腰掛けます。

 

2.肩・太もも・床が平行になる感じでバランスボールを前に進めていきます。
(この時体全体でボールを前に出すのではなく体は元の状態の並行と垂直を保ち骨盤だけでボールを前に出すように意識しましょう)

 

3.そのままバランスボールを元の状態に戻していきます。
(戻す前に自分のお腹にシワができていたらうまくいったと思ってください)

 

4.この動きも一セット5回で休憩しながら繰り返しましょう。

 

5.続いて最初の状態に戻り次は、バランスボールを右に進めていきます。
(この時、くびれの部分は動かしてもいいですが、方が斜めっていないか確認して並行を意識します)

 

6.次にそのままバランスボールを左に動かしていきます。
(これも、体で動かすのではなく骨盤でボールを動かすことに集中しましょう)

 

7.この動きも一セット5回で休憩しながら繰り返しましょう。

 

バランスボールを使った尿漏れセルフケア(3)

 

1.セルフケア(2)の最初の状態に戻ります。

 

2.セルフケア(2)で行った上下左右の動きを応用して骨盤で円を描いていきます。

 

3.これも、円を5周描いて一セットと考え休みながら繰り返していきましょう。

 

バランスボールに長く座っていられないのはなぜ?

バランスボールに長く座れない

 

セルフケアの方法を試したけど長く座っていられない。日常生活で、チェア代わりに使用しているけど集中してドラマも見ていられない。

 

腰が痛くなってしまったり、めまいが起こってしまう。そんな症状を感じる方が残念ながらいるようです。

 

このような場合、初めに答えから言ってしまいますがバランスボールのサイズがアナタの体に合っていない可能性があります。

 

というのも、バランスボールにはその人の体に適したサイズがあります。なのでバランスボールを放置する以前、購入した当初は体に合うサイズを購入したのかもしれません。ですが、現在の体に合わないサイズのバランスボールを使用しているため、腰や体全体に大きく負担をかけているかもしれません。

 

効果的な案としては、新たなバランスボールの購入が良いと言えますが、管理人の私は、みなさんのご自宅にバランスボールが放置してあるのではないかといった想定の基に制作をしたので、無理に買う必要はありません。

 

もしバランスボールが自分に合わないと感じる方がいましたら、別の方法の骨盤底筋体操をご紹介します。

 

骨盤底筋体操の詳細はコチラ

 

バランスボールを使った尿漏れセルフケアのまとめ

シェイプアップ効果

 

バランスボールを使った尿漏れ改善のセルフケアは、一時期流行ったシェイプアップ効果もあり、”くびれ”を作るのにもとても効果的です。というより一石二鳥です。

 

そして普段使っていない骨盤を動かすのは、骨盤底筋の強化や骨盤矯正の効果があるだけでなく、普段動かさないからこそ大きなエネルギーの消費になります。なので大きなダイエット効果にも繋がりります。

 

肥満体質の方は、脂肪が膀胱や骨盤底筋を圧迫する「腹圧性尿失禁」の原因になるのでその改善としても効果的です。

 

自宅に眠っているバランスボールがこんなにも役立つなんておもっていませんでしたよね?

 

しかも今現在あるからこそ無料で効果的なセルフケアができるって魅力的ですよね。最初は、骨盤を意識するのが難しいかと思います。ですが、コツをつかむと意識や集中も必要なくなり、ドラマやアニメ、映画を見ている時間だけでも効率よくセルフケアができるようになるのでぜひ実践してみてください。

 

バランスボールはただ座ってるだけでも体のバランスを整えてくれる?

 

バランスボールっていつの間にかやらなくなってしまってるんですよね。私もそうでした。ですが、今現在も楽しく続いている目的の一つに「座るだけ」という簡単さがあったからなんです。確かに上記では、バランスボールを使った効果的な尿漏れセルフケアについてを紹介をしています。

 

ですが、過去の私は、この方法を知ってもなかなか続きませんでした。なので、まずは、バランスボールに座る習慣をつけることにしました。そして何気なくバランスボールに座りながらバランスボールを使ったトレーニング方法を調べていて、見つけたのが「座るだけで」という方法でした。それを知ってから私がバランスボールに座ることを習慣化させるのはそんな難しくありませんでした。その方法がこちらです。

 

  1. まず、ボールの真ん中に座ります
  2. 次に背筋を伸ばして、ボールの横に手を置きます
  3. 勢いをつけずに、軽く弾みましょう
  4. 弾んだりして位置を確かめ、バランスをとりながら手を離していきます
  5. 手を離している状態で15分程度維持しましょう。

 

これを一日に一回以上行いましょう。それから注意点として背筋を伸ばすことです。これにより、いつも動かしていない筋肉を刺激するだけでなく体全体のバランスを整えて正常化させる効果もあります。それからいつも使っていない筋肉を刺激することは、脂肪が燃焼しやすくダイエット効果もかなり高いと言えます。骨盤底筋や体全体のバランスが整ったのか今では、ほぼ完治の状態になりました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページの先頭へ戻る