頻尿改善に即効性のあるロキソニンの秘密

緊張

 

仕事のプレゼンやイベントの時に限ってトイレに行きたくなる。
最近トイレが近くて困っている。

 

そんな経験ありませんか?

 

できれば、今すぐ頻尿を治したい。一時的にこの数時間でも解消したい。そんな方もいるかと思います。

 

そんな時に役立つのが市販でも購入できる、鎮痛や頭痛を緩和する効果のあるロキソニンです。

 

当サイトでは、そんな即効性のある一時的な頻尿を抑えるロキソニンの素晴らしい「効果」と「危険」について、そして頻尿の改善方法などについても紹介しています。

 

一時的な頻尿の解消はロキソニンが良い?

 

まず、一般的な一日の排尿の回数から説明したいと思います。

 

  • 一般的な一日のトイレに行く回数は平均4〜6回程度、夜間は0〜2回程度

 

トイレ 悩み

 

くらいなんだそうです。それを大きく超えてしまう場合、または1日に8〜10回程度、夜間に2回以上は、「頻尿」であると診断されるそうです。
※個人差はあります

 

頻尿の方の悩みの中には

 

  • 飛行機でのトイレはできれば我慢したい
  • コンサートや映画など良いシーンを逃したくない
  • 電車バス公共機関でトイレがないと不安
  • 重要な会議で尿意を感じたくない
  • イベント会場でトイレに並んでいたら漏れちゃう
  • 行列のできるお店など最後まで並べなかった

 

など無数の悩みがあります。だからこそ一時的(ほんの数時間)でも頻用を緩和したい。もしくは即効性のある改善があれば行いたいと思いますよね。

 

そこで役に立つのが上記でも説明したロキソニンなんです。ロキソニンに含まれる成分には

 

  • 一時的な頻尿の解消
  • 尿量を少なくする作用

 

この2つの作用も鎮痛や頭痛の緩和の他にあるそうなのです。ですから一時的に解消したいというのであれば良いかと思います。

 

ロキソニンの一時的な効果は泌尿器科も認めている?

医者

 

日本排尿機能学会の研究発表によりますと、頻尿(排尿感覚が30分〜1時間)の患者20人の方にロキソニンを投与後、15人の方の排尿感覚が1時間半〜4時間に伸びたという有効性を発表したそうです。

 

その他、泌尿器科でもごくわずかの医師がロキソニンを処方していることもわかっているようです。

 

そして、元々は「癌(ガン)」による影響で血流が変わりその影響で頻尿もしくは尿失禁になってしまった患者に投与していたのがロキソニンだったという話もあります。

 

このことから、一時的な解消は有効だということがわかります。

 

ロキソニンで一時的な頻尿を解消|服用方法

副作用

 

ロキソニンお服用方法は、一般的にもそのお薬の取扱説明書に書いてあるかと思います。

 

 

特に、ロキソニンは薬局などで薬剤師や専門の医師などがいないと処方できない「第一類医薬品」です。ですからそれだけ扱いが難しく副作用なども多くあるということなのです。

 

もし、急な出来事で一時的に頻尿を抑えたい場合は取扱説明書の通りに服用する。そして元々は、頻尿を緩和する薬ではないので、効果を期待したい時間の30分から1時間前に、車や船などの酔い止めを飲む感覚の時間に飲むと良いかもしれません。

 

ロキソニンの取り扱い注意点

注意点

 

やはり、一時的な効果は期待できるのかもしれませんが、治療するまたは緩和する目的ではないこと、それからサプリメントなどの栄養剤ではないので、常用するのは危険です。

 

特にロキソニンは「ロキソプロフェン」という難しい名前の医薬品で尿酸値を下げたり鎮痛・頭痛に効いたりとお薬によって様々な効果を発揮してくれます。
そのため、常用は体への影響が大きく、常用し続けることによって慣れてしまう。もしくは、「薬剤誘発性頭痛」「薬物乱用頭痛」といった頭痛がおこることもあります。

 

そこで守っていただきたい取り扱い注意点として

 

  • 説明書の記載は守ること
  • 過剰な服用は行わないこと
  • 常用は行わないこと
  • 腎臓や心臓が悪い方、むくみがある方、妊娠中や授乳期等は使用禁止
  • 一時的な効果だということを知った上で服用すること

 

これらを守る必要があります。それを知った上で、有効に活用するのであれば良いと私は思います。

 

ロキソニンの副作用

ロキソニンは「第一類医薬品」なだけにやはり間違った服用もしくは間違えていなくてもその他の医薬品やサプリメントよりも多くの副作用があるそうです。
一般的に多くみられるのは「胃の不快感」ですが、

 

よくある医薬品の副作用

 

  • 胃痛・腹痛
  • 吐き気・食欲不振、
  • 発疹・じんま疹
  • 肝臓・腎臓の働きの低下

 

ロキソニン特有の副作用

 

  • 手足のけいれんやしびれ
  • 心不全や息苦しさ
  • 喉の痛み・発熱
  • 尿が出ない・出にくい
  • 胃痛

・・・etc

 

滅多にないようですが、人によって起こってしまうこともあるようです。

 

頻尿の解消は長期的治療を行った方が良い

 

これまで上記で話したように、どうしても一時的な頻尿の症状の緩和にはロキソニンが効果的なようです。

 

ですが、やはり改善や完治を求めているのであればロキソニンはお勧めできません。

 

結果から言ってしまえば、ロキソニンは一時的な緩和にはなるかもしれませんが根本の症状を改善してくれるわけではないということなのです。

 

ですから、今後も無駄にロキソニンを服用し続け上記のような副作用の不安などを考えるよりも治療に意識を向けて明るいすっきりとした未来を手に入れたほうが良いと私自身は思っています。

 

そこで今回、ロキソニンを服用し一時的な頻尿の緩和を求めたいという人と共に今後、解消を視野にいれすっきりとした生活を取り戻したいと考えのあなたのために今回2種類のサプリメントを紹介します。

 

ペポカボチャ種子エキス&クランベリー すっきりさわやか習慣

ペポカボチャ種子エキス&クランベリー

尿漏れ(尿失禁)の症状がなく、尿切れの悪さや残尿感、頻尿の症状のみを感じる方に特化しているペポカボチャ種子エキス&クランベリー

 

特徴としては、他の健康食品と併用できること、例えばグルコサミンやコンドロイチン等の他の健康食品と形容しても害がなく期間限定の907円というお手ごろさで始めやすいサプリメントです。

 

ペポカボチャ種子エキス&クランベリーの詳細はコチラ

すっきりさわやか習慣

尿漏れ(尿失禁)を含む、残尿感や尿切れの悪さや頻尿の症状を感じる人にオススメしているのがこのすっきりさわやか習慣

 

特徴としては、この商品を開発した薬剤師本人が自分の尿漏れの悩みを解消するために作ったという効果への信頼性。そして無駄なものを一切使っていない体への気使いです。

 

 

すっきりさわやか習慣の詳細はコチラ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページの先頭へ戻る