誰にも相談できない尿漏れ・頻尿トラブル110番!

女性にとって尿漏れというのは本当に深刻な悩みです。

 

しかしながら、基本的な条件として女性の身体は構造的にもとてもデリケートにできていることや
尿道の距離が短いこと、角度も垂直に下に向かっていることなど、いろいろな条件があるため『誰もが悩まされる』といっても過言ではないんです。

 

そこで、このサイトでは女性の尿漏れについて年代別や妊娠中・産後の子育て中などシチュエーションごとに分けて、
症状から自分の尿漏れの原因をしっかり特定して『正しい対策を行うための参考』なるようにご紹介しています。

  • 10代から20代の方
  • 30代から40代の方
  • 50代以上の高齢者の方
  • 妊娠中の妊婦さん
  • 産後の子育て中の方

大きくこのようなグループに分けて、実際の症状ごとに正しく原因を特定して、
シンプルに分かりやすく対策を行えるように詳しくご紹介していきたいと思います。

 

10代・20代女性の尿漏れの症状と原因

10代〜20代女性の尿漏れの原因は大きく分けて3つに分類できます。

  • 骨盤底筋や腹筋の未発達
  • ストレスによる自律神経の乱れ
  • ホルモンバランスの変化

そして、それらの原因別に思い当たる症状が違ってくるため原因の特定がしやすく対策が打ちやすいということになります。

 

骨盤底筋や腹筋の未発達の方の場合は、過活動膀胱(かかつどうぼうこう)という尿失禁を起こしやすく

  • 尿意を我慢できない
  • トイレに間に合わない

といった症状が起こります。この症状に当てはまる方は、骨盤底筋や腹筋を鍛えることで改善される場合がほとんどです。

 

ストレスによる自律神経の乱れや10代前半のホルモンバランスの変化による

 

詳しくはこちらの下記のページをご覧ください。

 

◆10代〜20代の女性の尿漏れの原因と対策

 

30代・40代女性の尿漏れの症状と原因

30代〜40代女性の尿漏れの原因は、妊娠中や産後の子育て中という方を除いては、過活動膀胱によるものが多いと言われています。

 

過活動膀胱とは、自分の意志とは関係なく膀胱が収縮して尿意を強く感じてしまう症状で、尿意を感じると我慢できずに漏れてしまうという症状の『尿失禁』の部類に入ります。

 

こういった『自分の意志でコントロールできない』という悩みに対しては、骨盤底筋体操が役立ってくれますよ。

 

また、骨盤底筋を鍛える以外にもホルモンバランスの変化による尿意の急激な訪れを和らげるノコギリヤシなどの成分が配合されたサプリメントも活かしながら、着るだけで骨盤底を締める方向の力を助けてくれるショーツもあります。

 

いろいろな尿漏れ対策がある中で、やはり一番大切なのは『自分に合った方法を見つけること』です。

 

詳しくはこちらのページで特集しています。

 

◆30代〜40代女性の尿漏れ対策

 

50代以上の高齢者の尿漏れの症状と原因

50代以上の高齢者になってくると不随意反射能力の低下が尿漏れの原因になる場合が出てきます。

 

不随意反射能力の低下とは、今までの条件ならこのくらい水分を摂るとおトイレに行きたくなるなぁとか、
もうそろそろムズムズしてくる頃と予想したり、また膀胱の自然な反射として溜まったら出すという自然な反応のことです。

 

すべての方に当てはまるわけではありませんが、尿意を感じていないのに漏れてしまったり排尿をしてしまったりといったことも起こるのですが、これは70代以上の高齢者の方に多く見られる傾向です。

 

しかしながら、神経伝達物質のホルモンの働きや女性ホルモンの分泌を少しでも助ける栄養素を摂ること。

 

また、尿漏れパッドなどの万が一に備えた安心感を得るためのアイテムなど積極的に利用して行きましょう。

 

近所のドラッグストアで自分用に尿漏れパッドを買うのは抵抗があるという方は、通販を利用するというのも方法です。

 

高齢者の尿漏れ対策は詳しくこちらのページで特集しています。

 

◆50代以上の高齢者の尿漏れ対策

 

若い女の子の場合はそういうことも無いかもしれませんが、
例えば妊娠中や産後のママ友同士の話の中や高齢者同士の友達の間の話では、
尿漏れについての悩みを話し合う場合もあるのではないでしょうか。

 

ですが、尿漏れに対してはちゃんとした対策や対処法があるにもかかわらず、
原因が自分に合ったものでない場合や本当に必要な対策になかなかたどり着けないなど、
勘違いによって余計に症状がひどくなってしまうというケースもあるようです。

 

尿漏れは病院に行かなきゃ治らない?

尿漏れは病院に行かなきゃ治らないの?と考えている方もおられると思います。

 

尿漏れは、過活動膀胱や尿失禁という別名もあります。

 

テレビのコマーシャルなどで
「過活動膀胱は病院へ相談してください」
などといったようなものを見たことがある方も多いと思います。

 

しかしながら、尿漏れや尿失禁の多くは、正しい対策を行うことで病院に行かなくても解消できることが多いんです。

 

病院に行くと、薬で対処したり、最終的には尿漏れを手術で直したりといった対策をすることが多いようですが、
まず人に相談する時点で恥ずかしいという方が圧倒的に多く、しかも薬や手術での治療が、必ずしも効果を最適に発揮してくれるとは限らない場合も出てきます。

 

また薬での治療の場合は副作用も心配です。
このような心配があるため、自分自身でしっかりと筋肉を鍛えたり、それを助けてくれるガードルやショーツの存在など、尿漏れのトラブルを自力で改善する方法がちゃんとあるんです。

 

もちろん、泌尿器科を受診するというのも1つの方法ではありますが、
このサイトではそういった結論を基本的には最終手段としてご紹介しています。

 

あくまでも最終手段である泌尿器科受信する前に自力で尿漏れや尿失禁ん改善していきましょう。

妊娠中の妊婦さんの尿漏れ対策

妊婦さんの尿漏れ対策は、子宮に圧迫された膀胱が「締めようとする力よりも上回ってしまう」ことが原因。
やはり骨盤底筋を鍛える事が対策のカギになります。

 

そのためのエクササイズもあるのですが、妊娠中は特に後期から臨月にかけて、
腹熱が強くかかってしまうような運動をできるだけ控えた方が良いと言うことがありますので、なかなか難しい部分もあります。

 

もう一つの妊娠中の尿漏れ対策としては、排尿をするときに「子宮の圧迫に負けて息むような排尿にならないようにする」ということです。
先ほどご紹介した通りどうしても子宮の中にいる
赤ちゃんの大きさが赤ちゃんの成長と共に増えてくるので膀胱を圧迫しやすくなります。
そうなると行んでいないのに、一気に排尿するような感じになってしまうんです。
これを少し抑え気味にするような加減をすることで妊娠中の尿漏れの対策になります。

 

また、このような癖付けをしておくことで、産後の子育て中の尿漏れ対策にも役立ちますよ。

産後の尿漏れ対策

産後の尿漏れ対策は、骨盤矯正と骨盤低筋を鍛えるトレーニングが主なものになります。
ですが、お産の時の負担によって骨盤体や暴行を閉めようとする筋肉が損傷している場合もあります。

 

また、尿意を感じて膀胱を少しずつ開くようにコントロールする神経が損傷しているケースもあるそうです。
この場合は尿意を感じないのに「膀胱の中には尿が溜まっている状態」になってしまっているケースもあり、
それが尿漏れを引き起こす場合もあるんですね。

 

通常、神経組織の損傷に関しては産褥期の体の回復によって自然と回復に向かいますが、
その回復までどのくらい時間がかかるのかという部分が個人差があるため、尿漏れパッドの船用品を使った方が良いでしょう。
織物や生理の月経血とは量が違ってきますので、しっかりと吸収力があり後戻りしないものを選ぶことが、清潔で快適に過ごすためのポイントになりますよ。

尿漏れ、尿失禁の原因

尿漏れが尿失禁の原因は、大きく分けて5つに分けることができます。

  • 骨盤底筋の衰えや1時的な筋力の落ち込み
  • 自律神経の乱れ
  • ホルモンバランスの変化
  • 加齢による筋力の衰え
  • 精神的な強迫観念によるもの

大きく分けてこのような原因があるため、それぞれに新しい対策が必要になります。
しかしながら、このどれか1つが原因として特定できる場合と複合的に起こっている場合が考えられます。

 

複合的に起こっている原因の場合はそれぞれに正しい対策をしていく必要があるのですが、
ここで1番大切になってくるのは『私の尿漏れの原因はどれ?』ということをしっかりと見極めることです。

 

原因さえ特定できれば、その対する正しい対策をとっていくのは決して難しいことではありません。

 

多くの女性が体の構造上尿漏れを経験し安いということは冒頭でもご紹介した通りですが、
それを無為に悲しんだり、避難的に無理する必要はありませんちゃんと正しく対策を行えば、
しっかりと結果がついてくるのが尿漏れ対策なんです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページの先頭へ戻る