大人の夜尿症(おねしょ)の原因はと解消方法は?

大人 夜尿症

 

大人になってもオネショが続いてる又は再発してしまった。

 

このような悩みを持っていませんか?

 

夜尿症(おねしょ)とは、一般的には週に2〜4日以上、睡眠中にお漏らし(尿漏れ)をしてしまう症状のことを指すようです。

 

ですが、週に1日程度でもオネショをしてしまう方も予備軍として当ページの話を読んで損はありません。

 

大人になって夜尿症(おねしょ)をしてしまう方は、全体の1%ほどいるそうなんです。一億人の人口で100万人くらいでしょうか。

 

ですから、恥ずかしがらなくても大丈夫です。当ページでは、大人(成人の全ての方)の夜尿症について、原因や種類や解消方法などを紹介していまうす。遺伝性の場合もあるので、自分がどのような原因でオネショが起こってしまうのかしっかりと把握し自分に合った解消方法を探していきましょう。

 

大人の夜尿症の原因

大人の夜尿症(おねしょ)について

 

大人になってもおねしょが継続または再発してしまった方の多くは、2つの原因が考えられます。

 

1.心因性(ストレス)によるオネショ

 

2.先天性の遺伝体質によるオネショ

 

ストレスからくる夜尿症は、別ページの「ストレスが原因で起こる尿漏れ」にもあるように緊張感などから膀胱が常時収縮してしまっていることが考えられます。すると、通常膀胱に溜められるはずの尿が溜められず睡眠中に漏れてしまうということなのです。

 

先天性の遺伝体質による夜尿症は、9割の方が親も同じ悩みを抱えているそうなのです。通常子供のおねしょは小学生に上がる頃のは大半がなくなります。ですが、なくならなかった。又は大人になってから再発してしまったという方の中で、親も夜尿症がなくならなかった。もしくは再発して今も悩んでいるという方は、この遺伝性の可能性も考えられます。

 

すなわちこのような場合、自分の一番身近である両親のどちらかが同じ苦しみを経験したことがあるということなのです。

 

ここで、2種類の「ストレス」「先天性の遺伝体質」という原因が出てきました。続いて個々の起こる理由と改善方法を紹介したいと思います。

 

大人の夜尿症(おねしょ)ストレスで起こる理由と改善方法

ストレス

 

ストレスが理由で起こる夜尿症は、睡眠中に多く分泌する抗利尿ホルモンが関係しているようです。

 

通常であれば睡眠中には尿の生産量が減っていくそうです。これは、抗利尿ホルモンの分泌が睡眠中に尿の生産を抑制していることが挙げられます。ですが、心因性(ストレス)を感じていると、自律神経が乱れてしまい抗利尿ホルモンの分泌を控えてしまいます。

 

すると通常より尿の生産が増え漏れてしまうということなのです。

 

ちょっと難しいですよね。…。

 

※簡単に説明すると、自律神経の乱れとしてアルコールの摂取も同じような現象が起きています。アルコールを摂取し続けた場合、トイレにすぐ行きたくなりますよね。これは利尿作用とともに自律神経の乱れによる抗利尿ホルモンが抑制された結果なのです。

 

ですから、ストレスを解消させることが大人の夜尿症を改善する近道でもあるのです。

 

先天性の遺伝体質による夜尿症の理由と改善方法

遺伝

 

遺伝による夜尿症は、ある意味仕方無いのかもしれません。

 

要するに、遺伝による体質なので家族が同様の悩みに苦しめられている可能性があります。特に怖いのが、家族の間だけの内緒にされてしまっているということです。

 

すると、家族みんなが同じ悩みにあっていると安心してしまい専門医への受診や相談が遅れてしまうということです。放置をしていても年と共に治ってしまうというわけではありません。そして現在アラーム治療という改善方法もあります。体質だからといってあきらめないでください。

 

このアラーム治療は下着にセンサーを取り付け尿を感知するとアラームが知らせてくれるというものです。これにより夜中の排尿をコントロールし最終的には改善するという治療法なのです。

 

大人の夜尿症を起こさない為には?

大人の夜尿症

 

一般的に言われる「骨盤底筋や膀胱のトレーニング」が効果的と言われています。

 

体質の改善やストレスの改善とともに骨盤底筋や膀胱をトレーニングすることによってさらに排尿器官が鍛えられしっかり閉じしっかり開くことによってスッキリとした生活が遅れるようになります。より夜尿症や尿漏れ、頻尿といった症状の改善になるのです。

 

有効な骨盤底筋体操はコチラ⇒

 

大人の夜尿症に効果的な商品

 

先ほど話したアラーム治療でもやはり排尿をコントロールできるようになるには、失敗は当然つきものです。

 

ですが、失敗を繰り返していかないと成功には繋がりません。そこで、アラームと尿漏れパットが一体化した商品もあるようです。毎回パットだけの交換を行いアダプターと受信機を使い尿意をお知らせしてくれるとともに漏れてしまっても布団を汚さずに済むということなのです。

 

失敗しなければ改善に近づけない。ですが失敗しても汚さずに済むなら挑戦する価値は十分にあるとおもいませんか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページの先頭へ戻る